【妊活の資格】公認妊活マイスターとは

近年、妊活が注目される機会が増え、様々な場面で妊活という言葉を聞いたり、目にすることがあると思います。
妊活に取り組むためには、食事や栄養などに関する知識を身に付けることが妊活を成功させるポイントにもなります。

最近は、妊活をサポートする際に役立つ資格も徐々に増えてきているので、今後さらに妊活の認知度は高まっていくでしょう。

今回は、妊活をサポートする資格の中でも内面美容医学財団が手がけている【妊活の資格】公認妊活マイスターをご紹介します。
また、妊活とはどういったもの指すのか、基本的な知識についても解説していきましょう。

公認妊活マイスターの公式サイトはこちら

妊活とは?

メディアなどで見かける”妊活”は、実際にどんなことを行うのでしょうか?

妊活とは妊娠に関しての正しい知識を身に付け、将来子どもを望む場合に自然と妊娠できるような体作りをしていくだけでなく、自分の体の状態に合わせて、妊娠しやすいような生活や環境を整えていくこと言います。

これを聞くと、子どもが欲しいときにすぐに妊娠できないの?
と思うかもしれませんが、妊娠は必ずしもタイミングよくできるわけではありませんし、妊娠したからといってお腹の中で元気に育ってくれるとも限りません。

また女性は、年齢と共に妊娠の確立も低下していき、25歳~29歳の女性に比べて35歳~39歳の女性になると、不妊の割合も2倍以上になるという結果もあります。

それだけでなく、女性の社会進出など時代の背景によって平均結婚年齢が高くなり、それに伴い出産年齢も高くなってきています。

結婚や出産に年齢制限はないものの、出産年齢が高くなるにつれて不妊の割合が増えるだけでなく、流産の確立やダウン症などの染色体異常児が生まれる確率も同じように高くなっています。

また胎児や母体に影響を与える病気にもかかりやすくなるため、早めに妊活をすることで、妊娠に向けての体作りをしていくことができます。

妊活で大切なことは?

妊活をする上でどんなことが大切になっていくのでしょうか?

体を冷やさない
はっきりとした原因はわかってはいませんが、昔から冷えは万病のもとと言われているくらいで、体が冷えることで様々な不具合が生じてきます。

特に体の冷えは内臓を冷やすことにもつながり、血流の悪化を招いてしまいます。

エアコンで体を冷やさないようにするだけでなく、冷たいものを多く摂取しないようにしましょう。
夏でも冷えた飲み物はなるべく避け、体温以上の温度のものを摂るようにすることをおすすめします。

食生活の見直し
人間の体は、食べた物によってできています。

お菓子や糖分や脂質の高いものばかりを摂取していると、健康な体はできません。
1日3食、良質なたんぱく質と葉物野菜などを摂取して、バランスの良い食事にしてみましょう。

運動
ストレッチやヨガ、ウォークキングなど軽い運動はストレスの解消や運動不足の解消になるだけでなく、血行促進効果も期待できます。

体を動かすことを意識してみましょう。

質の良い睡眠
健康的な生活を送るためには、質の良い睡眠を取る必要があります。

睡眠によってホルモンの分泌を促すだけでなく、疲れを取ることもできるので、質の良い睡眠をするために入浴ではきちんと体を温めて、布団に入ったらスマホの操作を控えましょう。

葉酸の摂取
妊娠と欠かせない成分として葉酸があります。

ビタミンの一種である葉酸は、胎児の細胞分裂に欠かせない成分であり、神経管閉鎖障害の発症リスクを抑えるためにも必要だと言われています。

妊娠初期に葉酸の摂取が大切になりますが、妊娠前から葉酸を摂取することが望ましいとされています。
そのため、妊活期間から食事で葉酸を摂取していくことが大切です。

妊活は食事・栄養が大切!

妊活に取り組むためには、上記でも挙げたように妊娠しやすい体を作るために、食事や栄養が大切になります。
そのため、資格を取得する際には、食事や栄養に関する知識を知っておく必要があります。

妊娠しやすいリズムを作っていくこともとても大切な要素になりますが、体の環境を整えることも妊活に取り組む時に大切な要素です。

妊娠しやすい体とは?

妊娠しやすい体は、卵子と子宮が元気であることが必要です。

生活が不規則だったり、体が冷えやすいなどは妊活を妨げてしまうことになるので、きちんとした生活リズムを整え、体を温めることがポイントになります。

体を温めるということは子宮も温まるので、着床しやすい環境を整えることができます。

妊活に取り組む際は、無理のない範囲でパートナーと協力しながら、できるだけリラックスした状態でいられることがベストです。
ストレスは女性ホルモンの分泌などに悪影響を与えてしまうため、妊娠の妨げになってしまったり、パートナーとの関係が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。

妊活中の理想的な食生活は?

食事は毎日摂取するものなので、食事によって体の働きも変化してしまうことがあります。

妊娠するために必要な卵子や精子の成長も、毎日の食事から摂取した栄養によって影響を受けているのです。
近年は、食生活が豊かになった反面、手軽に済ませることができる食事を摂るようになったり、自己流のダイエットを行ったりする人も多く、必要な栄養素が摂れていないことがあります。

料理教室

そのような食生活を続けていれば、妊活の妨げになってしまうでしょう。

妊活に取り組む時の食生活は、野菜を中心に肉や魚もバランスよく摂取することが大切です。

肉などの脂肪が多い食材はカロリーが気になるからということで食べない人もいますが、生殖ホルモンの元になるコレステロールが不足してしまう可能性があるので、適度に摂取する必要があります。

また、亜鉛や鉄分の不足も卵子や精子の質が低下してしまう原因になるため、亜鉛や鉄分が含まれている食材を積極的に摂取するようにしましょう。
わかりやすく言うと、栄養素に偏りがないように1日3食をバランス良く食べることが大切ということです。

食べ方にも要注意!

栄養に偏りがないように食べることはもちろん大切ですが、それ以外にも妊活に取り組む際に注意すべき点があります。

それは、生活のリズムを整えるために食事の時間を決めること、交感神経を活発にするために朝食をきちんと食べること、食べすぎを防ぐために早食いせずにしっかりと噛んで食べること、夕食は腹八分目にすること、就寝前の夜食は控えることです。

今までの生活習慣をすべて変えることは難しいかもしれませんが、少しずつ意識することでより妊娠しやすい体作りができていくはずです。

妊娠力をアップさせる食品や栄養素を摂取しよう!

妊娠しやすい体を作るためには、バランスよく栄養素を摂取する必要があると前述しました。
では、どのような食品を摂取すれば妊娠に役立つ栄養が摂取できるのか見ていきましょう。

血行を良くする食品
加熱していない玉ねぎや納豆、イワシ、アジ、サバ、キノコ類などは血行を良くしてくれるので、積極的に摂取すると良いでしょう。

血行が良くなることで、体が温まり、冷えの改善を促してくれます。

卵子や精子の質を向上させる食品
ナッツ類やカボチャ、アボカド、ホウレン草など抗酸化作用がある食品は、卵子や精子の質を向上させる効果があると言われているので、妊活をサポートしてくれるはずです。

卵子や精子の質が向上すると、妊娠のしやすさも格段にアップします。

精子の運動率を上げる食品
牡蠣やホタテ、豚レバー、牛肉、納豆などの亜鉛が含まれている食品は、男性ホルモンの生成を促します。

また、精子の運動率を上げる効果もあると言われているので、妊娠する可能性をアップさせてくれるでしょう。

生殖機能の働きを良くしてくれる食品
ナッツやカボチャ、ゴマなどに含まれているビタミンEは、血行を良くする働きだけではなく、生殖機能の働きも良くしてくれます。

血行が良くなることで体が温まり、生殖機能の働きが良くなることで、妊娠しやすい体へと導いてくれるでしょう。

赤ちゃんの成長をサポートする葉酸もしっかり摂取しよう!
葉酸は赤ちゃんが成長する過程で神経系障害が発生するリスクを低くする効果があると言われています。

妊娠が分かってから葉酸を摂取するよりも、妊娠する1ヶ月前くらいから飲み始めるのが良いとされているので、妊活中から葉酸を意識して摂取することをオススメします。

普段から意識して摂取したい栄養素は?

妊活のサポートをしてくれる食材や栄養素を紹介しましたが、普段から体の調子を整えるために摂取した栄養素も合わせて紹介します。

冷えや貧血が気になる女性にオススメ
レバーや卵、ひじきなどは鉄分が豊富に含まれているため、普段から意識して食事に取り入れることをオススメします。

特に、冷えや貧血、低血圧で悩んでいる女性は摂取しておきたい栄養素です。

骨を丈夫にするカルシウム
男女問わず大切になる栄養素はカルシウムです。

骨を丈夫にするということは、体作りに欠かすことができないので、乳製品や小松菜、小魚などを摂取しましょう。

免疫力を上げる栄養素
フルーツやブロッコリーなどにはビタミンCが豊富に含まれています。

免疫力を高めたり、鉄分の吸収を高めてくれる効果があるので、大切な栄養素の1つと言えるでしょう。
また、ホウレン草やバターなどの含まれているビタミンAも免疫力を高めてくれる効果があるので、摂取するよに心がけてください。

妊活する人を支える様々な【妊活の資格】

ここまで妊活の基本的な知識を紹介してきましたが、世の中にはこのような夫婦をサポートしたいと考える方もいらっしゃいます。

子どもが欲しい夫婦は女性だけではなく男性も一緒に協力していくことが大切ですが、妊活中の人々を支える仕事をする際には様々な資格が用意されています。

国家資格である助産師以外にも民間資格を取得することで、精神面に関するサポートもできるので、妊活中の人々の役に立つことができるでしょう。
続いては妊活する人を支える資格について詳しくご紹介していきます。

助産師

助産師という仕事は、出産に立ち会い分娩のサポートをするだけが仕事ではありません。

妊娠中の食事や運動指導などの健康管理や産後の母親に対する体重管理や母乳指導、乳児指導まで様々な役割がありますが、妊活中のサポートをする役目もあるのです。

様々なアドバイザーとして活躍できる資格となりますが、助産師の資格を取得するには、厳しい条件などがあるので簡単に取得することは難しいでしょう。

まず、助産師になるためには「看護師免許」を取得することから始めます。

看護師になるために専門学校や大学に通い、看護師の国家試験に合格した者のみが助産師試験を受けることができるのです。
看護師国家試験と助産師国家試験の受験資格を得る条件としては、文部科学大臣か厚生労働大臣が指定する養成学校を卒業することが必須となります。

4年制大学では、看護師資格と助産師資格を卒業と同時に取得できるよう勉強を進めていくことができますが、両方の勉強を同時に行う必要があるため、学生生活がハードになる可能性もあり、現在仕事をしている人や育児中の人は難しいと考えられるでしょう。

焦らずに一つひとつの資格取得を目指したいのであれば、看護師資格を取得した後に助産師の資格を取得することになります。
3年制の短期大学や看護専門学校を卒業して看護師資格試験を受験し、合格した後に1年制の助産師養成所に通うことで助産師の資格取得を目指せるのです。

ただし、入学金の負担が大きくなってしまうなどのデメリットもあるので、資格取得に向けての計画が大切となります。

妊活アドバイザー

妊活中にサポートを行える妊活アドバイザーは民間資格で、妊活アドバイザー協会が認定をしています。

元気な赤ちゃんを得るため、様々な知識と理論を広める目的を持ち、妊活中の人々を支援していく資格です。
妊活アドバイザーには4つの認定資格があるので、それぞれ解説していきましょう。

初級妊活アドバイザー

妊娠や出産を控えている人々に対して簡単なアドバイスを行えます。

妊活アドバイザー認定セミナーの「基礎」を受講することで資格取得を目指せます。

・標準セミナー代金:30,000円(税別)
・入会金:10,000円(税別)
・月会費:500円
・受講期間:1日

上級妊活アドバイザー

初級に加えて応用セミナーを受講することで資格取得を目指せます。
漢方や薬膳などの東洋医学を用いたり、分子栄養学や生化学などを交えた妊活アドバイスをすることが可能です。

・標準セミナー代金:50,000円(税別)
・ディプロマ発行:5,000円(税別)
・月会費:1,000円(税別)
・受講期間:セミナー1回4~5時間を計4回(16~20時間)

初級妊活アドバイザー講師

初級妊活アドバイザーを育成することができる認定セミナーを主催することが可能で、上級と特別セミナーを受講することで習得を目指せます。

・標準セミナー代金:40,000円(税別)
・ディプロマ発行:5,000円(税別)
・月会費:2,000円(税別)
・受講期間:1回4時間を計3回(12時間予定)

上級妊活アドバイザー講師

上級妊活アドバイザーを育成できる認定セミナーを主催することができます。
初級妊活アドバイザーを一定数育成し、課題提出することで習得を目指せる予定となっています。

・標準セミナー代金:未定
・ディプロマ発行:5,000円(税別)
・月会費:5,000円(税別)

子宝カウンセラー

一般社団法人統合医療生殖学会が認定している資格で、不妊で悩む夫婦を薬学的な面からサポートすることができる資格で、薬学的知識を持つことで妊活中の人々に様々なアドバイスを行えるため、薬剤師などの医療従事者が取得している資格です。

不妊に関しては、誰にも相談できずに悩んでいる男女も多いので、心理的不安を取り除くために様々な施設で子宝セミナーを開催し、「妊娠しやすい身体作り」をテーマにして食生活や生活習慣の改善やアドバイスなどを妊活中の人々に教えることができます。

子宝カウンセラーの資格を取得するためには一定の審査があるので、子宝カウンセラーの会による公式ホームページから入会の申し込みを行うことで折り返し連絡がくるようになっています。

資格取得に必要な費用や審査の詳細に関しては記載されていないので、興味があれば問い合わせを行い、質問をしてみましょう。

美妊ケアアドバイザー

妊娠力に関する知識を持ち、妊活中の人々の体質に合わせたアドバイスを東洋医学と西洋医学の双方からアプローチして提案していきます。

美妊ケアアドバイザーは、株式会社ラヴィコーポレーションが認定している資格となっており、助産師や看護師、受胎調節実地指導員や柔道整復師などの様々な専門的知識を持っている講師の下、講座を受講することで資格取得が目指せるのです。

講座のカリキュラムや費用は以下の通りです。

基礎講座

・妊活に関する社会背景
・妊活とは
・婦人科基礎理論
・中医学からみた妊活
・妊活タイプ別理論
・美妊からだづくりの基本
・自然妊娠にむけてのライフスタイル
・妊娠・出産・産後の心身の変化
・費用:98,000円(税込)
・受講期間:10時~17時までが3日間で計16時間

実践講座

・美妊ケアⅠ:美妊体質チェック・食養生アドバイス
・美妊ケアⅡ:骨盤ケア・骨盤内底筋群トレーニング・妊活女性のボディメンテナンス
・美妊ケアⅢ:妊活と女性の体調を整えるための鍼灸アプローチ
・認定試験
・費用:40,000円(税込)
・受講期間:9時~17時半までの1日で計8時間

費用に関しては、基礎と実践講座を同時に申し込むと118,000円(税込)となります。

妊活をする人々を支えることができる資格は、上記の4種類以外にも存在します

精神的に不安なことも多い妊活中に様々なサポートをすることで、ストレスを感じさせずに笑顔で妊活を続けてもらうことができるので、妊活中の人々を支えたいと感じ、興味があるのであれば資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

今注目される【妊活の資格】「公認妊活マイスター」とは?

内面美容を通じて健康寿命の延伸に貢献している一般財団法人の内面美容医学財団(IBMF)では、最近話題の妊活に特化した資格として、公認妊活マイスターという公認資格を取得することができます。

栄養学がベースになっているので、体の中から美しくなれるだけでなく、妊娠しやすい体を基礎から作ることができるだけでなく、妊娠中のケアや出産後の子育ても学ぶことができるので、幅広い知識を習得することができます。

現在の日本は高齢化社会にあり、内閣府の発表データでは65歳以上の割合が全人口の27.3%となり、これが女性だけに限定された場合は3人に1人の割合となっています。

高齢化だけでなく、少子化対策としても妊活を普及させることができる資格にもなります。

また資格取得後は、ヘルスケア業界でも活かすことができる資格なので、看護師や保育士、スポーツトレーナーで活躍する方が取得しても知識を深めることができるだけでなく他との差別化も図れます。

内面美容医学財団(IBMF)では、他にも「公認プロフェッショナルインストラクター(PI)」や「公認インナービューティトレーナー(IBT)」、「公認ファスティングカウンセラー(FC)」の資格取得もできるので、他の資格と同時に取得もできるので、さらに知識を広めていくことも可能です。

社会的ニーズに合わせた資格となり、一生使えるのが公認妊活マイスターです。

公認妊活マイスターで学ぶことができるのは?

公認妊活マイスターでは、資格取得に関して学ぶ内容が医学レベルの酵素栄養学や腸内環境学が完全にマスターできる講義で、資格取得のための講義は3日間で15.75時間の集中講座になっています。

全8回の講義では、栄養学をベースにした妊娠しやすい体作りに関しての食事方法や栄養、運動や日常の生活習慣など、妊娠しやすい体作りの基本を学ぶことができます。

 

また妊活において、体の酸化や糖化がどのような影響を与えるのか、胎児の脳の発達のための栄養学などを学ぶこともできます。

心理学を用いての講義やコミュニケーションの視点から妊娠中のケアや出産後の子育てまでと幅広く学ぶことができるので、ニーズのある分野でもあります。

実際に講義をする講師は、栄養指導やファスティング、妊活指導のスペシャリストでもありIBNFの理事でハワイ大学医学部アトピーケア研究所室長や、現役の医師で医学博士、ライフスタイルコーディネーターなど、様々な分野のスペシャリストが講義をしています。

また妊娠に特化した内容だけでなく、美と漢方の関係やアロマやヨガの知識なども学ぶことができるので、体の内面から美しくなるための知識を得ることもできるでしょう。

公認妊活マイスターはどんなことを学ぶ?

公認妊活マイスターでは妊活中から出産後に役立つ知識を幅広く取得できますが、具体的にどんなことを学んでいるのでしょうか?
この項目では公認妊活マイスターで主に学ばれることをご紹介します。

妊活・妊娠中に必要な栄養学

妊娠率を上げる上で重視すべきことは食事の見直しと考えられています。

不妊傾向がある人はヘルシーさを重視してお肉や魚を食べない、間違ったダイエットを行っていることが多いと言われています。
ヘルシーな料理は健康的に悪いものではありませんが、お肉やお魚にも体に良い栄養がたくさんあるので、邪険にせずなんでもバランスが良く食べることで、必要な栄養は補われ自然妊娠しやすい体に整えられます

また、しっかり食べていても偏食や低血糖な食事をする人も栄養が不足しがちなので、妊娠が難しい体質になってしまうでしょう。
妊活は妊娠して終わりではなく、妊娠中から出産後のことも考えなければなりません。

時に妊娠中は母体が取り込んだ栄養が赤ちゃんを育てる栄養として分け与えられるため、より栄養や食事に注意する必要があります。
インターネットや本では妊活・妊娠に良い栄養や食べ物がいいか調べることはできますが、なぜいいのか、本当にいいのか判断することは難しいです。

公認妊活マイスターは医師や専門家による講座で学んでいくので、葉酸や亜鉛といった栄養が妊活に良い理由を理解して、その知識を生活や仕事に活かすことができます。

また、調理法によっては栄養が失われることもあるので、効果的な調理法やメニューの提案、食生活の指導などもあります。

妊活・妊娠中に酵素学

酵素は人の体や食品に含まれる物質で、体内で生成される酵素は消化や代謝をサポートしてくれます。

この酵素は体内の一箇所で大量に使われると、全体的に減ってしまうので他の部分で必要な酵素が不足してしまいます。
例えば、脂っこい食べ物は消化が悪いので、消化をサポートするために酵素が多く使われますが、そうなると次は代謝をサポートする酵素の生産が減ってしまい、代謝が悪くなってしまうのです。

代謝といえばダイエットでは欠かせないものですが、妊活でも必要なものです。
代謝が悪いと血液の流れが悪くなり、体に冷えが生じます。

体の冷えは体温を下げるだけではなく、子宮や卵巣など内臓機能を低下させる可能性があるので、代謝を整えることは大切なのです。
また、血液の流れが悪いということは、食事から得た栄養も全身を巡るまで時間がかかるので不健康な体になりやすく、それも不妊体質に近付ける原因となります。

酵素を中心にした食事にすることで不足しがちな酵素が補え、消化や代謝を正常に機能させてくれます。
代謝が整えば冷え性も改善されるので、不妊のリスクを下げることが可能です。

さらに酵素はホルモンバランスや自律神経を整える作用もあるので、妊娠しやすい体質に改善できます。
公認妊活マイスターでは、酵素の基礎知識をはじめ、妊活・妊娠中に酵素を効率良く摂取する食事や方法を学べます。

妊活・妊娠中の生活習慣や運動

妊活では食事だけではなく、規則正しい生活や適度の運動も求められます。

例えば、タバコは有害物質を含むので母体と赤ちゃんに健康被害を与えるでしょう。
ニコチンと一酸化炭素により赤ちゃんが低酸素に陥り、栄養や酸素が行き渡らくなると流産や早産のリスクを高めます。

自身が吸っていなくても、受動喫煙で影響を受けるので注意が必要です。
睡眠中は成長ホルモンが分泌されますが、これは卵子の成熟に深く関わります。

なので、たくさん睡眠をとるのではなく、質の良い睡眠が求められます。

妊娠しやすい体にするためには、運動も必要な要素です。

運動により血行が良くなれば冷え症が改善され、子宮や卵巣の機能を高めることができます。
ホルモンバランスや自律神経も整うので生理不順や体調不良のリスクを下げ、イライラ、不眠症などのメンタル面の改善にも有効です。

このように妊活や妊娠中は生活習慣や運動によっても、妊娠しやすいか不妊体質になるか大きく左右します。

公認妊活マイスターなら医学的観点から生活習慣の重要さを学ぶことができ、また専門家が妊活に良いヨガや運動、アロマなどの講座も開かれます。
妊活や妊娠、日々の生活は一人で行うものではなく、夫婦や家族の協力も欠かせず、その心構えも身に付けることができるでしょう。

出産後の子育て

出産後はわが子の子育てが必要になりますが、初めての子育てに悪戦苦闘する母親は珍しくありません。

子育てには悩みやストレスも多く、それらを解消できないと育児疲れが溜まっていく一方で、最悪の場合、育児ノイローゼや育児うつに発展する可能性があります。

食育

そこから育児放棄といった問題にもつながるので、妊活中に育児に関する知識は持っていた方が安心です。

母乳から子どもを育てる場合、質の良い母乳を出すための知識も求められます。

そもそも母乳は血液や白血球、栄養素でつくられているので、血液や栄養素が不足すると質の悪い母乳になってしまいます。
また、血液や栄養が外に出てしまうので、子育てや家事に適した健康な体を維持するためには食事から改善していくことが大切です。

公認妊活マイスターでは出産後の育児や生活に詳しい専門家の講座も開かれるので、育児知識を事前に見に付けることができます。

妊活ファスティング

ファスティングとは固形物を食べない断食を指します。

ただ、断食は間違うと健康を害してしまうので、妊娠しやすい体とは真逆になってしまうので、正しい知識が必要です。
公認妊活マイスターで考えるファスティングは長期的な断食ではなく、2日から3日程度のプチ断食になります。

固形物は食べませんが3日ほど水や酵素ドリンク、サプリメントで栄養を摂取し、プチ断食後は少しずつ食事をはじめて元の生活に戻るのが正しいファスティングです

ファスティングのメリットはダイエット効果ではなく、疲弊した内臓を休ませることが目的です。

内臓が元気になれば栄養の吸収率が良くなったり、自然治癒力が高まったり、代謝が良くなり脂肪燃焼や毒素の排出に有効といった効果に期待できます。
たった1回ではわずかな効果しかありませんが、定期的に繰り返すことで内臓機能をアップさせ、結果的に妊活でも良い効果をもたしてくれるのです。

プチ断食といえども正しい知識がないと難しく、公認妊活マイスターでは妊活に活かせるファスティングを学ぶことができます。

妊活には幅広い知識が必要であり、正しい知識を持っていないと悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

妊活の正しい知識を得るなら、資格取得がおすすめです。
特に、内面美容医学財団の「公認妊活マイスター」は、医師を中心とした専門家による講義によって妊活に関する正しい知識を習得することができるでしょう。

ぜひ、妊活の資格を取得したい、正しい知識を得たいという方は、公認妊活マイスターの資格取得を狙ってみてはいかがでしょうか?