インナービューティの資格を取得するなら

近年、インナービューティに関して興味を持たれる方も増えてきています。

体の外側からだけではなく、内側から美容効果を得て、さらに健康にもつながっていくインナービューティはいつまでも若々しく元気でありたい女性にとって身に付けたい知識・技術であることと思います。

インナービューティについての知識や技術を身に付けるためには、独学でももちろん行うことができますが、仕事として活かしたり、正しい知識や技術を身に付けたいという場合にはインナービューティに関する資格を取得すると良いでしょう。

そこで今回はインナービューティの資格に関する情報やおすすめのインナービューティ資格、資格を取得するためのポイントなどをご紹介していきます。
インナービューティに興味のある方はぜひ今回の記事をチェックしてみてください。

まずはインナービューティを知ろう

インナービューティの資格を知る前に、まずはインナービューティについて知ることが大切です。
そもそもインナービューティとはどのようなことを行い、どういったものをインナービューティと指すのでしょうか?

インナービューティを実践できているかチェック!

まず、自分自身がインナービューティを実践できているかどうかチェックしてみましょう。

 

インナービューティ実践チェック
・朝ご飯は抜くことが多い
・水分を摂らないことが多い
・アルコールを週3回以上のペースで飲んでいる
・自炊はあまりせず、外食の割合が大きい
・コーヒーや紅茶などの飲み物には必ず砂糖を入れたものを飲んでいる
・よく冷たい飲み物を飲んでいる
・食べるスピードが他の人と比べて早い
・生野菜やフルーツを食べない日も多い
・仕事や人間関係でストレスが溜まっている
・お風呂は入らず、シャワーだけで済ますことが多い
・就寝時間が遅く、寝付きも悪い
・運動する習慣がほとんどない
・朝と比べると夕方靴がきつくなる
・7cm以上のハイヒールやサンダルを履く機会が多い

これらの項目で当てはまるものが多い人ほど、インナービューティを実践できていない状態だと言えます。

インナービューティとは食事に関することだけが関係していると考える方も多いかと思います。
もちろん、インナービューティに大きく関わってくるのは食事内容などです。

しかし、食事だけではなく運動や睡眠、その他の生活習慣も大きく関わっていると言えます。
このように、インナービューティを目指すためには食事だけではなく、生活習慣全体を見直すことから始める必要があります。

内臓機能を正常化させることはインナービューティにつながる!

インナービューティでは食事だけではなく睡眠や運動も大きく関わっていることをご紹介しましたが、具体的にインナービューティを目指すために何をするべきなのかというと、「内臓機能を正常化させる、機能を高める」ことが重要なポイントになってきます。

私達の体の中には数多くの内臓があって、それぞれの役割に合わせて働いています。

例えば、胃は食べ物を消化し吸収しやすい形になるまで分解したり、腸は分解された栄養素や水分を吸収し血管を通して体全体に行き渡らせたり、様々な働きを担っています。

薬膳料理

この内臓の機能が食事や生活習慣の影響により機能低下してしまうと、体調や健康に影響を及ぼしてしまいます。

体調や健康に悪影響が及ぼされてしまえば、肌にも良い影響が出るはずもなく、様々な肌トラブルに見舞われてしまう場合もあるのです。

このように、内臓機能を正常化させること、さらに機能性をより高めるということが、体の内側からの美容、インナービューティにも大きくつながってくるということになります。

内臓の中でも特に美容と関わりが深いものとして、腸と肝臓が挙げられます。

腸は体の中でも「第二の脳」と呼ばれている程、大事な臓器でもあります。
その理由として、赤ちゃんができた時、まず作られる臓器は脳ではなく腸です。

腸は脳からの司令がなくても様々な働きをしてくれるので、第二の脳と呼ばれているのです。

腸内には多くの細菌が住んでおり、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類することができます。

インナービューティーの資格

この腸内細菌のバランスが崩れてしまうと腸内環境は悪化してしまい、老廃物や毒素が体内に溜まりやすい状況を生み出してしまいます。
そこから肌への影響が及びやすくなってしまうのです。

ですから、インナービューティでも腸内環境を正常化させることは重要なポイントの一つとして挙げることができます。

肝臓
もう一つ、美容と深い関わりを持つ臓器として肝臓が挙げられます。

そもそも肝臓という器官は腸から吸収された栄養素を、体内で働きやすいように形を変え、貯蔵しておくことができ、必要に応じて取り出すこともできます。

また、老廃物や体内にとって不要な添加物などを分解させる機能があり、アルコールや薬の成分などは全て肝臓で分解されることになります。

例えばたくさん食べて栄養を摂取している人や、毎日のようにアルコールを飲んでいる人の肝臓は常に働き続けている状態であり、いずれ機能が低下してしまう可能性があります。

肝臓の機能が低下してしまうと、最初に紹介した機能として栄養素を体内で働きやすい形に変えるという働きがうまく作動せず、場合によっては栄養素が体に行き渡らなくなってしまい、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの美容に欠かせない成分が不足してしまうでしょう。

また、肝臓の機能が低下することでアルコールや薬などの体にとって有害な成分を分解させることができなくなってしまい、体内にいつまでも残ってしまう状態が続きます。

すると、美容に悪影響を及ぼすだけではなく、健康面でも病気などを引き起こしてしまう可能性がたかくなってしまうのです。

腸の場合はニキビや吹き出物が出やすくなり、肝臓の場合はシミやくすみなどの肌トラブルを招いてしまうケースが多くみられます。
腸や肝臓などの内臓機能を正常化させることで、これらの肌トラブルが起こりにくくなると言えるでしょう。

ファスティングとは?

糖質・脂質制限や置き換えダイエットなど、食事に関連したダイエットが一時期人気になりました。

どれも食事制限に当てはまり、1日の摂取カロリーを抑えることで消費カロリーが増えるため、痩せられる仕組みとなっています。

激しい運動よりも手軽に痩せられるメリットがある一方、正しい方法でないと栄養不足や食事解禁後のリバウンドなどの悪影響もあるので注意が必要です。

そして、最近注目されているのがファスティングというものです。

ファスティングとは固形物を一切口にしない断食のことを指しますが、現在のファスティングは固形物を食べない代わりにサプリメントや少量の野菜・フルーツ、酵素ドリンクや水で栄養を補いつつ行う半断食になります。

ファスティングのやり方

ファスティングの基本的なやり方は、2日から3日ほど水や酵素ドリンク、野菜ジュースで過ごすだけです。

長期に渡り断食をすると健康に害が出てくるので、長くても3日に留めておきましょう。
また、ファスティング前の2~3日は油っぽい食事や間食を避けることも大切です。

ファスティングカウンセラー

ファスティングは健康管理が目的

ファスティングはダイエット方法という認識がありますが、痩せるのは最終的な結果であり、本来の狙いは健康的な体づくりにあります。
ファスティングは次の特徴がある人におすすめです。

ファスティングがおすすめな人
・メタボが気になる人
・脂っこい食事が好みの人
・胃腸が弱い人
・夏バテをあまりしない人
・ニキビができやすい人
・便秘に悩まされている人

このような人が適している理由は、ファスティングをすると体調を整えることができるからです。

ファスティングで内臓を休ませる

なぜ半断食で体調を整えられるのか不思議に思う方は多いでしょう。

現代人は過食や不摂生、食品添加物の摂取により、腸が汚れていると言われています。
腸は食べ物を消化して栄養を吸収する部分なので、汚れていると栄養を運ぶ血液や細胞も汚れ、全身に毒素を巡らせ溜め込んでいる状態を示すのです。

ファスティングで消化機能を休ませることで、潜在酵素を代謝に回すことができるため、効率良く毒素を解毒して排出を促すことができます。
代謝がアップすることで新しい細胞も再生が早くなり、肌のターンオーバーもスムーズになるので美肌維持に有効です。

ファスティングは断食とどう違う?

よく、ファスティングと断食を同意義の言葉として認知している方がみられます。

これは、様々なネットや雑誌等で紹介されている方法が断食とほとんど変わらないものを紹介しているせいで、ファスティングと断食を同じものと認識してしまっている人が増えているのです。

しかし、実際にはファスティングと断食には違いがあります

断食とは、1日から数日にかけて何も食べず、水だけで生活することを指します。
ファスティングは、1日のうち1食もしくは2食を栄養効果の高い酵素ドリンクなどに置き換えて食事を摂ることを言います。

つまり、断食では全く食べ物を口にしませんが、ファスティングでは最低限の栄養素を確保するために、食事は行われるのです。
断食では全く口にしないこともあり、激しい空腹感に襲われることもあります。

もちろん、これによって内臓を休ませることができますが、これは一定期間だけのものでありどうしても元の食生活に戻ってしまうと内臓も再び疲弊してしまいます。

ファスティングの場合は食事は毎日摂取しながら、置き換えて食事をするため毎日の食事を見直し・改善しつつ置き換えを実践する必要があります。

そのため、長期的に内臓を少しずつ休ませることができ、少しずつ内臓の働きを取り戻していくことができるのです。
このように、ファスティングと断食では大きな違いがあります。

インナービューティとの関連性

インナービューティではファスティングを薦めることがありますが、どのような関係性があるかご存じですか?
ファスティングはインナービューティ的に良い効果がたくさんあります。

臓器の負担をリセット

ファスティングにより内臓を休ませることで肝臓や腎臓、膵臓などの臓器の負担が軽減され、臓器の働きの悪さを改善することができます。

インナービューティは内面から美容と健康を引き出すものであり、様々な臓器の働きにより美容と健康は維持されているため、臓器の負担をリセットさせることはインナービューティで大きなメリットがあると考えられます。

例えば、小腸の周りは免疫システムが集中しており、小腸の負担が解消されれば免疫機能が正常になり、風邪や食中毒のような感染症の予防、花粉症などのアレルギーを緩和につなげることが可能です。

小腸は食べ物の栄養を吸収する場所でもあるので、動きが良くなれば肌や体に欠かせない栄養を効率良く吸収できます。

デトックス効果

短期の断食となるので1回で全ての不調はリセットされませんが、定期的にファスティングを繰り返すことでデトックス機能が高まるとされています。
不快な大腸の宿便も排出が促され、腸内環境を整えることが可能です。

腸内環境が良くなれば毒素や老廃物を溜め込まなくなるので、太りにくい体質に改善できます。

また、デトックス機能のアップにより血液や細胞に溜まった余分なものが汗や尿などで排出されるので、肌の調子を良くするメリットもあります。

食欲のコントロール

半断食をすることで濃い味付けや化学調味料により慣れてしまった味覚もリセットされるので、素材そのものの美味しさを理解できます。

また繰り返すことで無理なく食事量を抑えられることも可能になり、過食を抑える力が身につけたり、インナービューティを考えた食事への意識を高めたりすることができるようになるでしょう。

ダイエット効果

ファスティングで代謝が良くなると体内の脂肪を燃やす力がアップします。
これは体調が整ったことで、本来の健康な体に近付いた時に発揮される力と言えます。

つまりダイエット効果が出たというよりも、健康的な体になり適正体重に近付いたという解釈がちょうど良いでしょう。
脂肪が燃焼しやすい体になれば外面的な美しさではなく、インナービューティに基づいた体系を手に入れることができます。

半断食により内臓や体の不調を整えるファスティングは、インナービューティ的に良い効果がたくさんあります。

しかし、短期間でも断食なので正しい知識を身に付けなければ逆効果となるでしょう。
また効果的なやり方の理解も必要なので、効率よく実行するためにはインナービューティの栄養学や酵素学といった知識が求められると言えます。

おすすめのインナービューティ資格

インナービューティは、より健康的に美しくなるために非常に重要なアプローチ方法でもあります。

そんな女性の身体にしっかりとアプローチするためには、内面美を高めるためのインナービューティの資格を取得することも方法の1つです。
では、ここではインナービューティの数ある資格の中で、取得するべきおすすめの資格を紹介していきましょう。

公認インナービューティトレーナー

インナービューティを極めるためには、インナービューティについて理解し、意識を持ち続けることが大切です。

公認インナービューティトレーナーは、ファスティングをはじめ、内面美容全体に関連する理論習得を目的としており、最新である水素・酵素栄養学・ミトコンドリアダイエット・食育など、幅広い分野においてインナービューティを理解していくことができます。

中でも公認インナービューティトレーナーの資格は、内面美を極めたいという方だけでなく、美容知識を高めたい方・インナービューティアドバイザーを目指している方などにおすすめの資格でもあります。

では、公認インナービューティトレーナーの資格を取得するメリットとしてはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

ダイエットの資格

資格を取得するメリット

まず、インナービューティについての理解だけでなく、食事・美容・健康などの幅広い分野がどうインナービューティに関係しているのかを学び、理解していくことで、自分以外の誰かに指導したり、アドバイスができるといったポイントがあります。

資格取得でより専門的な知識を学び、内面美についても細かくアプローチしていくことができるのです。

また、医療や食育などの時代に特化した情報を学ぶことも重要で、現在の生活習慣とそれに必要な知識を習得することも大切なことです。

 

公認インナービューティトレーナートレーナーの資格取得に向けて勉強を続けていくと、その過程でも生活において大切にしなければならないことや改善の必要性を見出すことができます。

そんなときにはその場で気付き、すぐに改善に向けた取り組みを進めることができますし、より正しい知識を家族や知人に伝えてあげることもできるでしょう。

公認ファスティングカウンセラー

公認ファスティングカウンセラーは、ファスティングの効果をより高め、酵素の力を最大限に引き出すために重要な資格です。

一般財団法人・内面美容医学財団IBMFの認定資格として、ファスティングにおける様々な知識と実践方法習得に向けた学びをすることができます。
また、公認ファスティングカウンセラーの資格を取得することで、第三者へのカウンセリングやアドバイスも可能になります。

資格取得後はIBMFに所属する専門家や看護師からのサポートを受けることができます。

公認ファスティングカウンセラーの資格取得後は、実際に仕事に活かしていきたいという方も多く、自分自身はもちろん、家族や知人、サロンのお客様に向けたアプローチを進めるためにも大切な資格となるでしょう。

資格を取得するメリット

公認ファスティングカウンセラーの資格は、プロ向けの資格でもあるため、短期間でしっかりとした知識と実践方法を習得したいという方におすすめです。

主に最新の酵素栄養学やダイエット理論を学ぶことができ、人体と栄養学をもとに正しいダイエット法と大切な知識を身に着け、活かすことができるでしょう。

公認ファスティングカウンセラーの資格を取得することで、カウンセラーとして人に教える立場になることもできます。

すでにサロンのオーナーやスタッフの場合は、カウンセリングの技術向上にもつながり、顧客満足度アップにも効果的です。
実際に公認ファスティングカウンセラーの資格を取得することで、正しい知識と実践法の学びを活かし、身体の内側から美しさのアプローチをすることができるでしょう。

ファスティングカウンセラーとしてでなく、美容業界や運動に携わる仕事をしている方など、幅広い分野において美容・痩身効果につなげることができます。

ほかにも、健康・食品関連会社やそれにおける研究に携わっている方や、医療に分野で活躍している方にとっても関連知識をもとに仕事に役立てることができるでしょう。

公認プロフェッショナルインストラクター

公認プロフェッショナルインストラクターは、インナービューティにおける知識習得や美容や健康の分野の資格においてもおすすめの資格です。

エステサロンで仕事をしている方でも、外面と内面の両方から美容と健康のアプローチを行い、内面美容を高めることができます。

公認プロフェッショナルインストラクターは、プロフェッショナルなレベルの知識を習得するため、インナービューティトレーナーを育成することも可能です。

スクールビジネスや講師として活躍していきたいと考えている方や、より医学レベルにおいて水素・酵素栄養学を学びたいと考えている方におすすめの資格です。

特に水素・酵素栄養学では、美容に直結する学びの中で最新の情報はもちろん、肌トラブルや体内の活性酸素との関連や美容と健康に悪影響をもたらす要素についても学ぶことができます。

ほかにも、正しいファスティングの知識やミトコンドリアダイエットに関する幅広い知識、食育についても医師や医学博士から直接学ぶことができるのが特徴です。

幅広い観点から内面美容についての学びを深めることができるため、高品質かつ専門的な知識を習得したい方にとっては非常に魅力的な資格だと言えるのではないでしょうか?

資格を取得するメリット

公認プロフェッショナルインストラクターの資格を取得することで、自分自身がより健康的に美しくなるための知識と実践法が身に付くほか、美容業界での展開だけでなくサロンやスクールの開業などにも活かしていくことができるでしょう。

インナービューティは普段の食事や生活を改善し整えていくことで美容と健康の両方にアプローチすることができます。
そんな知識と実践法を活かし、フリーで定期的なセミナーを開いたり、専門学校やイベントなどの特別講師として働くこともできるでしょう。

公認プロフェッショナルインストラクターの資格は、幅広い分野において活用することができるのです。

また、女性にとって美容業界は憧れに感じている方も少なくなく、美容業界に携わりたいと考えている方も多いです。

そんな女性が、いつまでも若々しく美しい女性でいるために公認プロフェッショナルインストラクターを取得するというケースもあります。
仕事として活かすのはもちろん、自分自身のステップアップにつなげていこうと考えている方も多いのです。

自分に合っている資格を選ぶ

おすすめのインナービューティ資格を3つ紹介してきましたが、インナービューティをより極めていくためには、正しい知識を身に付けることが大切です。
特に、ネット上には間違った知識を掲載しているところもあり、どの情報が正しいのか把握できないこともあります。

美容業界に活かしていきたい方はもちろん、インナービューティにおいて重要な知識と実践についてしっかりと習得したい方にとっては、今回紹介した資格は特におすすめできます。

この中で、より自分に合っている資格を選び、取得するということが大切です。

実際に資格取得で身に着けた知識は、自分自身に活かすことができるので、内面美容に興味があったり、美容業界で働きたいと考えている方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

インナービューティの資格をもっと詳しく知りたい方は内面内面美容医学財団(IBMF)の公式サイトをご確認ください。

インナービューティの資格を取るには?

インナービューティに関する資格を取得するためには勉強が欠かせません。

ですが、どのような勉強を行えばいいのか頭を悩ませている人も多いでしょう。

そこで、インナービューティの資格を取得するために行った方が良いとされる勉強内容や効率の良い勉強法についてご紹介していくので参考にしてみてください。

インナービューティ資格の勉強内容について

インナービューティは身体の内側から綺麗になることを言います。

適当な食事を続けていることで、老廃物が身体の中に溜まってしまうので、体に様々な変化が引き起こり体調面で悪い影響が出てしまいます。

そういったトラブルを改善させるために、インナービューティに関する資格があるのですが、資格を取得するためには食材の栄養素や効能など、食生活に関する栄養学を学ぶ必要があるでしょう。

また、酵素であれば人間の体内には3000種類もの酵素があると言われ、化学反応にも関わっているとされるので、人体についても深く学ばなければいけません。

幅広い知識が求められる資格となるので、勉強を行う方法を見出すにも苦労することが考えられます。

インナービューティ資格の勉強法について

幅広い知識が必要になるインナービューティについて学ぶためには、どういった方法があるのでしょうか?

①独学

栄養学や酵素学について学ぶために、独学での勉強法を試す人も多いでしょう。
書店には様々な書籍があるので、幅広い知識について学ぶことができます。

自分のペースで勉強できるので、ストレスなく勉強ができるメリットもあるでしょうが、デメリットが多いことが欠点と言えるでしょう。
多くの種類の書籍があるので、自分に合ったわかりやすい書籍を見つけることは困難です。

本を探しているだけでも時間が経過してしまう可能性があるので学び始める前に挫折してしまう人もいます。

また、コストを抑えるために、中古の本で学ぶことを考える人もいますが、情報が古いので注意が必要です。
インターネットで情報を集める人も増えてきていますが、信憑性に欠けるデメリットがあります。

デメリット

専門家が紹介しているサイトであれば問題ありませんが、一般の人が発信しているサイトの中には間違った情報を掲載している可能性もあります。
学ぶ前に正しい情報なのか確認することも大切でしょう。

②セミナーに参加する

インナービューティに注目が集まっているので、様々な場所でセミナーや勉強会を開催しています。

医師や栄養士などの専門家が主催しているセミナーもあるので、必要な知識を得るためにも参加することで豊富な情報を手に入れることができます。

ですが、中には商品を売ることを目的としているセミナーもあるので、自治体が主催するセミナーや専門家が案内を行っているセミナーを選ぶよう対策を取ることが大切です。

③学校に通う

専門学校や短大、大学でも栄養学などのインナービューティに関する知識を学ぶことができるでしょう。
ですが、仕事をしている場合には通うことが難しくコストがかかることもデメリットとなります。

効率のいい勉強法

効率よく勉強を進めるためには、上記のようにセミナーに参加することは、知識を増やせるチャンスでもあるので有効的ですが、そのほかの勉強法は時間も掛かってしまうのでおすすめできません。

結果を出せる理論を学ぶためにも、様々な機関や協会が実施している講座に参加してみましょう。

例えば、上記で紹介したおすすめのインナービューティ資格であれば、講座を受講することで短期間で資格を取得できます。

「公認インナービューティトレーナー」では、公認ライセンス校が開催している講座を受講し、WEBで行われる検定テストに合格することで資格を取得できます。

合否判定は正答率70%以上で合格です。

受講するためには、全国にある公認ライセンス校へ通学し、公認プロフェッショナルインストラクターの講師による講座を受けることになります。

「公認ファスティングカウンセラー」は、IBMFが主催している医学財団本部や認定講師が行う1日6時間の集中講座を受け、3日間のファスティング実践とレポートの提出を行うことで資格取得を目指せます。

「公認プロフェッショナルインストラクター」は、学会主催の理事長や財団本部講師が行う公認プロフェッショナルインストラクター(PI)講座を受講することで取得を目指せます。

講座は全部で49.5時間あり、1日5.5時間を9回に分けて行います。

内面内面美容医学財団(IBMF)の公式サイトはこちら

インナービューティに関する資格には様々な種類がありますが、学校に通うとなると時間や費用が大幅に掛かる可能性があるので避けた方が無難です。

上記で紹介した3つの資格であれば短期間の講座を受講することで資格取得を目指すことができるので、スキルアップを目指している人や最新の酵素栄養学などを学びたい人、サロンへの集客率上昇を目指している人、独立を考えている人などは、活用してみることで有効的な資格を取得できるでしょう。