インナービューティにはどんな意味があるの?

女性は生理や妊娠・出産と体の変化期があり、いずれは閉経や更年期を迎えることになります。

これらは女性ホルモンの影響で変化しており、女性ホルモンを自らの意思でコントロールすることは不可能です。

そんな変化しやすい体と上手に付き合い、健康と美しさの両方を手に入れることを目的として、美容界では「インナービューティ」が注目されています。

今回はインナービューティにどんな意味があるのかご紹介しましょう。

インナービューティの意味とは?

インナービューティとは、食事を通じて体の中から整えて美しくなることを意味します。

毎日の食事を大切にすることで体に必要な栄養素が取れて、体の内側から健康的に美しくなるということです。

食事というと「空腹を満たすための行動」ととらえている人が多く、また「ダイエットの目的」で特定の食事をする人も少なくないでしょう。

そもそも人間の体は摂取している食べ物から成り立っており、疲れを知らない元気な体や綺麗な肌づくりは毎日の食事のおかげです。

なので、食べ物は生きていく上でとても大切な行動と言えます。

また、きちんとした食事を取ることは自分自身を思いやることにつながるので、穏やかな心を手に入れ、精神状態を安定させる効果も期待できます。

インナービューティで本当の美しさを目指すには?

インナービューティは食材選びをはじめ食事はとても重要ですが、それ以外にも大切にするべきことがたくさんあります。

実践するにあたり、本当の美しさを目指すにはどう取り組むべきかご紹介しましょう。

インナービューティを行う上で意識すること

食事で腸を綺麗にする

腸は取った食べ物の栄養の吸収と同時に老廃物の排出に関わる臓器ですが、腸内環境が悪いと老廃物が溜まった状態となります。

そうなると肌荒れの原因になり、また栄養の吸収率も悪くなってしまうのです。

インナービューティはただ食事を取るのではなく、まずは腸内環境を綺麗に整える食事を意識することが大切です。

栄養価の高い旬の食材や発酵食品など、腸に優しい食事を取りましょう。

効果はすぐにあらわれない

インナービューティに即効性はなく、ゆっくり表れるのが特徴的です。

なかなか効果が表れないからと焦ったり、途中で止めたりすることは避けてください。

毎日意識的に継続することで、効果を実感するようになります。

インナービューティの取り組み・食生活編

インナービューティで本当の美しさを手に入れたいのであれば、食生活を改善していきましょう。

食生活を改善する上で大切なことをご紹介します。

食材について学ぼう

食材ごとに栄養や効能が異なるので、食材について学ぶと体の不調や肌の状態などに応じて、食べるべき食材の選定に役立ちます。

例えば、食材には体温を下げてしまう食材と上げてくれる食材があり、体を冷やす食材の代表はナスやゴーヤ、レタス、ホウレン草などです。

一方、体を温めてくれる食材はカボチャ、人参、ネギなどが当てはまります。

旬の野菜は美味しいだけではなく、季節に応じた体のトラブルを改善する効果があるので、積極的に食べると良いでしょう。

四季折々の食事は食卓を華やかにするので、心の豊かさや余裕にもつながりインナービューティでも良い影響をもたらしてくれるはずです。

体に良いからと特定の食材を食べるのではなく、バランス良く食材を選ぶことも意識してください。

また、切り方によっても摂取できる栄養が変わるので、調理法も覚えておくと良いでしょう。

最近はインナービューティ専門の料理教室もあるので、そこで特化した調理法やメニューをマスターできます。

食べ方について学ぶ

インナービューティでは正しい食べ方を意識することで、より効果が高まります。

人間は食事の間もエネルギーを消費しているので、しっかり噛んでゆっくりと食べることで過食を防ぎ、同時に消費カロリーをアップさせます。

1日に必要な栄養量やカロリーを満たしていれば食事の回数を1日3食にこだわる必要はありませんが、22時~2時の時間帯は脂肪が付きやすいので避けましょう。

また、消化器官を一度休ませて体をリセットする「ファスティング」というものがあり、短期間断食をすることで蓄積された老廃物や毒素を排出することができます。

ただ、このやり方は知識がないと十分な効果が得られないので、専門家の指導が必要でしょう。

インナービューティの取り組み・運動編

体の健康と美容は食事だけではなく運動も大切です。

インナービューティでは呼吸や子宮を意識したヨガプログラムもあります。

インナービューティヨガについて

体幹やインナーマッスルを鍛えることで体の基礎ができ、太りにくくなるのです。

インナービューティヨガは呼吸でリラックスしながら膀胱や子宮を支える筋肉を鍛え、体を緩める・締めるという動作により女性ホルモンを整えることができます。

ヨガは正しい呼吸法やポーズが重要なので、ヨガ教室でインストラクターの指導を受ければ、自宅でも気軽に続けられるようになるでしょう。

効果を得るためには食事と同じく継続することが大切です。

効果について

インナービューティヨガで骨盤や子宮を整えると、生理不順の改善、PMSや生理痛の改善に期待できます。

また、女性ホルモンのバランスが整うので、髪や肌がツヤツヤになるでしょう。

インナービューティの取り組み:リラックス編

インナービューティの効果を上げるためには、ストレスを溜め込まないことも大事です。

ストレスが溜まると脈拍の乱れ、血圧上昇、不眠など体の影響があり、他にも肌荒れをしやすくなったり、シミやソバカスが増えたりと美容面に悪影響を与えます。

心が満たされないのでイライラや落ち込むなど精神不安定にもつながるでしょう。

リラックスする方法として、アロマやハーブを生活に取り入れることをおすすめします。

アロマでリラックス

香りには癒し効果があり、香りによっても効能は様々です。

入浴タイムやマッサージに好きな香りや、効果に期待する香りのアロマオイルを使いリラックスしましょう。

ハーブでリラックス

ハーブにも体を癒したり、体や心の不調を取り除いたりする効果があります。

インナービューティではチェストベリーというハーブがおすすめで、女性ホルモンの分泌を正常にする効果に期待できるでしょう。

また、ローズも同様な効果が得られ、香りでもリラックスできます。

ハーブなのでハーブティーやデトックスウォーターで摂取したり、調理の際に使ったりする取り入れ方が可能です。

酵素とインナービューティの関係性

健康食品受託製造企業が選ぶ2016年下半期の人気受注素材で、酵素を使用した商品が上位にランクインしたことでも、酵素が注目されていることがわかります。

そんな酵素はインナービューティと深い関係性があるのです。

実は水と同じように酵素は人間の体にとって必要不可欠な存在だということを知っていますか?

いくらバランスの良い食事を続けていても、食べ物から補った栄養素を消化、吸収、分解することが何よりも大切となります。

酵素はこの3つの過程を行うことこそが仕事となるので、体には大切な成分だということがわかるでしょう。

人間の体内には、元々「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。

そのほかに、食べ物から取り入れることができる「食物酵素」がありますが、体内酵素だけでも全て合わせると、おおよそ5,000種類も存在していることがわかっています。

炭水化物にしか働きを見せない酵素やアルコールにだけ働きかける酵素があることで、体内にいる酵素は多いと考えられます。
そこで、酵素の役割を解説していきましょう。

・消化酵素
食べ物の消化を助ける働きがあるだけではなく、食欲増進を促すことができます。

・代謝酵素
細胞に栄養を届けることで、新新代謝を促し自然治癒力や免疫力を高める働きを持っています。

・食物酵素
生野菜や生果物に含まれており消化を促す作用があります。

このように、体にとって酵素は大きな役割を持っていることがわかります。

ですが、現代の食生活においては酵素不足が懸念されています。

最近果物を食べる若者が減っていたり、野菜に関しても焼いたり煮たり、揚げたりなど加熱調理をしてから食べる人も多いでしょう。

野菜は熱を加えてしまうと酵素が壊されてしまうので、体にとって大切な酵素を吸収することができなくなってしまうのです。

また、加工食品やインスタント食品なども増えていることで、新陳代謝がうまく作用しなくなり体に負担が増えてしまうのです。

加齢とともに酵素は不足してしまうので食べ物などによって補うことが肝心となるでしょう。

補う方法としては、味噌や納豆、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品には多くの酵素が含まれていますが、必要な量を補うには多量に摂取しないと難しいです。

そのためにも、酵素が含まれている食品について知識を深めるだけではなく、サプリメントや健康食品などを活用して摂取できるよう考える能力が必要になるでしょう。

インナービューティの正しい知識を身に付けるには?

酵素などインナービューティに関する正しい知識を深めるためには、資格を取得することも方法のひとつです。

最近では様々な資格がありますが、中でもインナービューティに関する資格は注目を集めています。

そこで、おすすめの資格を2種類ご紹介していきましょう。

公認ファスティングカウンセラー

公認ファスティング カウンセラーR(FC)公式サイトはこちら

ファスティングは「断食」とも言われていますが、公認ファスティングカウンセラーでは、通常の水だけで行う断食ではなく酵素飲料や良質な水で栄養を補給しながら行うファスティングに関する知識を深めることができます。

最新の酵素栄養学やダイエット理論に関する知識も習得でき、酵素ドリンクの選び方などの細かな知識も得られます。

資格取得条件としては、「一般財団法人内面美容医学財団(IBMF)が行っている講座を受講すること」と「3日間行われるファスティングを実践してレポートを提出すること」の2つとなります。

講座に関しては以下の通りです。

公認ファスティングカウンセラー
・受講料:38,000円(税別)
・年会費:個人会員年会費5,000円(税別)、法人会員年会費10,000円(税別)
・受講方法:学会の本部か全国にある各所に通学
・受講時間:1日講座(6時間)
・試験:ファスティングの実践とレポートの提出

公認ファスティングカウンセラーの魅力としては、1日6時間の講座を受講することで資格取得できる点です。

実際にファスティングを行いレポートを提出する手間は掛かりますが、自己流で行うファスティングとは違うのでリバウンドなどの問題を感じることなくダイエットを続けることができるほか、酵素に関する知識を深めることができるので家族の健康も守ることができるでしょう。

サロン経営のノウハウも学ぶことができるので、サロン経営を考えている方にも最適な資格となっています。

公認インナービューティトレーナー

公認インナービューティトレーナー(IBT)公式サイトはこちら

公認インナービューティトレーナーは、ファスティングだけではなく水素や酵素栄養学、ミトコンドリアダイエットなどの最新の内面美容に関する知識や理論を習得できる資格となり、食生活のアドバイスなども行えるようになっています。

そのため、美容業界で働いている人だけではなく調理師や管理栄養士などの食に関する仕事をしている人にとっても有効な資格なのです。

資格を取得できる条件としては、「公認ライセンス校が実施している講座を受講すること」と「WEBで行われる検定に合格すること」となります。

講座については以下の通りです。

公認インナービューティトレーナー
・受講料:100,000円(税別)
・年会費:個人会員年会費5,000円(税別)法人会員年会費10,000円(税別)
・受講方法:全国にある公認ライセンス校に通学
・受講時間:8時間
・試験:WEBサイト上で行われるテスト

公認インナービューティトレーナーに関しては試験がありますが、8時間行われる講座内容をしっかりと把握していれば問題なく合格することができるでしょう。

試験に関しては、70分で選択問題が100問出題されます。

試験会場は公認ライセンス校となり、正答率70%以上で合格です。

万が一不合格でも再試験は1回につき5,000円で受けることができるので安心です。

約2ヶ月間で習得できる資格で、最新の栄養学や食育についてなど幅広い知識を習得することが可能です。

話題の酵素についても徹底的に学ぶことができるので、インナービューティに関する正しい知識を深めることができるでしょう。

仕事のスキルアップにもつながる資格なのでメリットが多いと言えます。

美しさや健康を保つためにはインナービューティに関する知識を深めることが重要です。

体に良さそうだからと食生活を独自に改善するのではなく、正しい知識を身に付けることで自分だけではなく家族の健康を守ることができます。

そのためにも、上記で紹介した資格は有効なので興味があれば取得することを考えてみてはいかがでしょうか?