ファスティングの資格を徹底比較!ファスティング資格の選び方

近年、多くの女性から注目されている「ファスティング」は、正しい知識を身に付けていないと間違った方法でファスティングしてしまい、美容や健康のために行ったものが逆に悪影響を及ぼす形になってしまうこともあります。

インターネットなどにはファスティングに関する情報もたくさん掲載されていますが、その中には間違った情報も含まれており、知らずに実践してしまうことで悪影響につながってしまうようです。

正しい知識を身に付けてファスティングを実践するなら、ファスティングに関する資格を取得してみましょう。

ファスティングに関する資格というのは、意外と数が多く、どれを取得すればいいのか迷ってしまう方も多いかと思います。

そこで今回は、ファスティングに関する資格を比較し、どの資格を取得した方が良いのかご紹介していきます。

今後ファスティングを実践しようと考えている方や、ファスティングに関する正しい知識を身に付けてプライベートから仕事まで活用したいという方も、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

ファスティング資格を比較する際のポイント

ファスティングにも様々な資格が存在しているのをご存知でしょうか?

どこも同じ内容というわけでもなく、ファスティングにも細かく異なる種類が存在していて、どこに重きを置いているかが資格の違いにもなっているようです。

そんなファスティングの資格を比較する場合、どの部分をチェックすべきなのでしょうか?

まず確認しておきたい部分としては、学習期間です。

資格取得までに時間が掛かれば掛かるほど取得難易度もアップしてきます。

資格によっては教材を購入し、自学メインとなるものから、講義を受講することによって資格を得られるものまで様々です。

ある程度短期間に取得できる資格でないと、モチベーションの継続や費用も関わってきてしまうため、できれば短期間で取得できるものを選んだ方が良いでしょう。

次にチェックしたいポイントが、学習の形式です。

例えば、受講メインでもオンライン通信の講座で取得できるものから、実際に会場へ足を運び受講するものがあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、自分自身に合うものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、通信講座のメリット・デメリットは、わざわざ会場に行く手間が省けることや、空いている時間を見つけて学べることなどがメリット

に挙げられる一方、モチベーションが下がりやすく続けられないという方には向いていないという点がデメリットとして見られます。

通学講座のメリット・デメリットとしては、実際に会場で他の人と学ぶことにより、ファスティングを学ぶ仲間ができたり、分からない部分があればすぐに講師に教えてもらうことができるなどの点が挙げられます。

デメリットは近い会場でないとなかなか足を運びにくいという点が挙げられるでしょう。

もう一つのポイントは、コストです。

あまりに高額な費用が掛かってしまうとなると、取得するのも難しく、また更新時にも費用が掛かるため、長く続けられない可能性があります。
ですから資格取得時はできるだけコスト面も考慮した上で取得すると良いでしょう。

このように、いくつかファスティング資格を比較する際のポイントをご紹介してきました。

近年話題になっていることから、ファスティング資格も増えてきており比較も大変になってしまうかもしれません。

しかし、自分に合うファスティング資格はきっと見つけられることでしょう。

ぜひ上記のポイントに沿ってそれぞれのファスティング資格を比較してみてください。

公認ファスティングカウンセラーの特徴

では、いよいよファスティングに関する資格それぞれの特徴をご紹介していきたいと思います。

まずは公認ファスティングカウンセラーからご紹介していきましょう。

公認ファスティング カウンセラーR(FC)公式サイトはこちら

公認ファスティングカウンセラーは、内面美容医学財団が運営するファスティング関連の資格で、一生使える正しいファスティングの資格になります。

医学博士が監修しているため、インターネットなどに惑わされない、正しい知識を身に付けたいという方におすすめできるファスティング資格と言えるでしょう。

他のファスティング資格と比較してみると、違いとして単純にファスティングの方法を学ぶだけではなく、最新の酵素栄養学を中心としファスティングや内面美容を高度な専門知識として身に付けることができるという点が挙げられます。

高度な専門知識というと資格取得が難しいように感じられてしまうかもしれませんが、財団がオリジナルで作ったテキストはとても分かりやすく、講義も身近な部分から丁寧に説明してもらえるため、資格取得の難易度はそれほど高くありません。

また、公認ファスティングカウンセラーの資格を取得した後も、財団に所属している専門家からのサポートや知識をブラッシュアップさせる環境も整備されているため、取得した後も安心です。

受講費用は38,000円(税別)で、テキストも1冊に集約させているため、重たいテキストをいくつも持ち歩くこともありません。

また、公認ファスティングカウンセラーは1日約6時間の集中講座を受講し、さらに3日間ファスティングを実践してレポートにまとめ提出すれば資格を取得することができるため、仕事で忙しい方も比較的取得しやすいファスティング資格になっていると言えるでしょう。

現在エステサロンなどを開業している、もしくはこれからサロンの独立を検討しているという方に向けてもおすすめの点がたくさんあります。

例えば、カウンセリングシートやファスティング実践マニュアル、ファスティングブック、カウンセリングツールなど、サロンでも導入できるようなファスティング専用ツールを各種取り揃えており、資格取得者は自由に使うことが可能です。

また、万が一ファスティングカウンセラーを行っている中でサロンのお客様にトラブルが発生してしまった場合、ファスティングカウンセラー賠償責任保険に加入しておくことで、慰謝料請求などにも対応することができます。

個人会員の他に法人会員も備わっているので、サロンを運営されている方にもおすすめの資格と言えるでしょう。

公認ファスティング カウンセラーR(FC)公式サイトはこちら

ファスティングコンサルタントの特徴

ファスティングコンサルタントとは、資格取得サイトformieで取得できる資格です。

formieは受講申込数が約1万9000件以上にも及ぶ、スマホを使った資格取得サイトで、多くの芸能人もformieを活用し資格取得していると言われています。

そんな資格取得サイトで取得できるファスティングコンサルタントは、ジュースクレンズや甘酒クレンズなど、様々なファスティング方法を学ぶことができ、さらにファスティングに関する基本的な知識から体の仕組み、食生活に見られる現状など、幅広い部分からファスティングに関する知識が学べるようになっています。

教材は全てWEBで配信されているため、いつでもどこでもスマホやパソコンから勉強することもできます。

試験もWEB上で受けることができるため、仕事でなかなか資格の勉強ができない、試験が受けられないという方にもおすすめの資格と言えるでしょう。

標準学習期間は1ヶ月程度で取得できるため、1ヶ月間ならモチベーションも続きそうという方はファスティングコンサルタントの資格にチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

サポートに関しては受講期間であればメールで質問することができたり、内容が気に入らなかったら申し込みから7日以内であれば返金することも可能です。

また、合格者限定にファスティングに関する教室やイベントを開催する際のノウハウが記載された教材が無料でもらえます。

ファスティングコンサルタントの資格を取得し、自分だけのためではなく人のために活用したいという方も、ノウハウ教材がもらえるという点は魅力的と言えるのではないでしょうか?

さらにホームページテンプレートやオリジナル名刺の作り方まで細かくサポートしてもらえます。

ファスティングマイスターの特徴

ファスティングマイスターとは、一般社団法人分子整合医学美容食育協会が運営する資格の一つです。

ファスティングを学ぶことによって、美容・健康・食育の3つの分野での総合的な知識を習得し、自身のライフスタイルにつなげていくことを目的としています。

ファスティングマイスターは初級・2級・1級に分かれており、まずは初級から受ける形になります。

初級ではファスティングがなぜ必要なのか?という基本的な部分から、分子整合医学や食育基本法について、ミネラルファスティングを正しく行うためのポイント、生活習慣の改善に関する知識などを学び、検定試験に合格すれば資格取得となります。

通学と通信講座、両方から選択できるのも嬉しいポイントの一つです。

2級になるとエキスパート・ファスティングマイスターとなり、ファスティングにおけるメカニズムや実際に体に起きる変化、カウンセリング能力などを身に付けていきます。

2級からは自分だけが活用する資格というよりも、仕事などでも使えるような知識を学べる資格になってくるので、いずれ独立を検討されているという方は2級以降の資格取得を目指してみましょう。

2級を受験する場合、初級の資格を持っていることはもちろん、ファスティングの経験があってファスティングを3日間実践した際のレポートを提出すること、さらに「脳がよみがえる断食力」という書籍を読むことが条件に含まれています。

これはあくまでも受験する条件になるので、条件をクリアした上で試験に合格する必要があります。

2級よりさらに上の1級はプロフェッショナル・ファスティングカウンセラーとして、分子整合医学美容食育協会のパートナーになれる資格でもあります。

かなり内容が複雑化し、覚えることも多くなるため、ファスティングのプロになりたいという方は1級を目指してみましょう。

ファスティングマイスターによって本格的に仕事へ活かすこともできますが、デメリットとして費用が高いという点が挙げられます。

初級の段階で検定料が58,500円掛かってしまうだけでなく、2級を取得するには129,600円、1級を取得するには291,600円掛かります。

1級・2級に関しては年会費が別途掛かってしまうため、さらに負担が大きくなってしまうでしょう。

できるだけコストを抑えたいという方には向いていないかもしれません。

おすすめは内面美容医学財団の公認ファスティングカウンセラー!

ここまでファスティング資格を3つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それぞれのファスティング資格には特徴があり、自分に合う資格が見えてきたことと思います。

今回ご紹介したファスティング資格の中で特におすすめなのが、内面美容医学財団の公認ファスティングカウンセラーです。

なぜ、おすすめできるのか最初に比較ポイントを参考に解説していきましょう。

おすすめ比較ポイント
①学習期間
まず、学習期間に関してですが、ファスティングコンサルタントが約1ヶ月掛かるのに対し、ファスティングマイスターの初級と公認ファスティングカウンセラーは1日で習得することができます。

ファスティングマイスターの場合、2級になると検定が2日間、1級では4日間と増えていき、よりプロに近い知識を得るためには時間が掛かってしまうと言えるでしょう。

しかし、公認ファスティングカウンセラーはこの資格だけで専門的な知識が得られ、さらに1日(6時間の講義)と3日間のファスティング期間を設けるだけで取得できるので、短期間でよりプロの知識を学べる資格となっています。

②学習の形式
学習の形式ですが、こちらは上記でも紹介したように通学と通信講座それぞれにメリット・デメリットがあるため、人によって通いやすい講座は変わってきます。

地方に住んでいる方の場合は通信講座の方が利用しやすいという面もあります。

残念ながら公認ファスティングカウンセラーの場合、東京や大阪、福岡、仙台などの都市で開催されている講義に出席する必要があるため、地方の方にとっては取得しにくいかもしれません。

③コスト

公認ファスティングカウンセラーの場合、38,000円で受講でき、この中にはテキストや試験料なども含まれています。

プロに活かせて一生涯活用できる資格でもあるので、コスパは高いと言えるでしょう。

他のファスティング資格も大体同程度ですが、ファスティングマイスターは他の資格に比べると若干価格が高いようです。

学習の形式に関しては東京や大阪、福岡、仙台などの都市へのアクセスが苦じゃない方にとっては問題ないかと思われます。

また、学習期間やコストパフォーマンスに関しても他の資格と比較して優れている点は多く見られるので、公認ファスティングカウンセラーがおすすめと言えます。

プロとして活用できる、正しいファスティング知識を学びたいという方は、ぜひ内面美容医学財団の公認ファスティングカウンセラーを受講してみてはいかがでしょうか?

公認ファスティング カウンセラーR(FC)公式サイトはこちら