美容の資格取得が人気の理由やメリット、内面美容の魅力とは?

就職や転職を考える際には、その準備やスキルアップなどのために資格取得を考える方も多いのではないでしょうか?

そんなとき、美容の資格は他の資格と比較しても取得しやすく、自分自身のプライベートでも役立つものが多いという特徴があります。

そこで今回は、美容の資格のメリットや内面美容の魅力などをご紹介します。

美容の資格は他の資格に比べて取得しやすい?

美容の資格は、女性にとって注目されやすく、人気があります。

就職や転職をより有利なものとするために、専門的な知識を身に付けることができる資格を取得することは非常に有効な手段でもあるでしょう。

ただ、美容の資格が様々な種類があるため、どのような資格を取得するのが望ましいのは判断に悩むこともあるのではないでしょうか?

・ネイリスト

美容の資格の中でも女性に人気がある資格でもあります。

ネイルアートを行ったり、薄くなった爪を保護するのを目的としたネイルケアなど、爪のことについて全般的な理解を深めることができます。

ネイリストは、専門の資格を取得しておくことで信頼感が得られやすいですが、ネイリスト技能検定には1級から3級までに分かれているため、それぞれに必要な知識を習得することが必要になってきます。

また、資格を取得する方法としてはスクールで学ぶのが一般的で、費用が20万円~80万円程度かかり、受講期間も1年程度と長いのが特徴です。

・心理カウンセラー

悩みを抱える方に耳を傾け、解消していく専門職です。

民間資格ではあるものの、心理カウンセラーとして活躍できる資格の種類は多く、通信教育やスクールで学ぶことができます。

しかし、資格の種類によっては受講料が数十万とかかり、取得までには1年以上かかるものもあるため、企業で働くのか、教育現場などで働くのかなどが非常に重要になるでしょう。

・アロマセラピスト

ストレス社会の現代では、アロマテラピーの知識を習得して心身の不調を改善することが有効とされています。

アロマセラピストは、専門知識を活かすことで、癒しのプロとしてリラックス効果を高める仕事を行います。

資格は通信教育も選択可能ですが、スクールで学ぶのが一般的な方法になっており、40万円~100万円の受講料、1年程度の受講期間が必要です。

受講料や受講期間が必要になりますが、時間に余裕のある方であれば、プロから直接指導を受けることができ、効率よく学びを深めることができるでしょう。

資格取得には、学科試験と実技試験に合格する必要があり、認定スクールでのカルテ演習を修了していることが必須とされています。

上記で紹介した以外にも、女性に人気の資格はたくさんあります。

しかし、資格取得にはスクールでの学びを長期間に渡って続ける必要があり、通学する時間がなかなか取れない方にとっては難しくなってしまいます。

また、受講料も割高なケースが多いため、強い意志と余裕がなければハードルも高く感じてしまうでしょう。

 

【美容業界が女性に適している理由】

女性の社会進出が求められている昨今では、圧倒的に女性が多い美容業界が非常に注目されています。

美容に関する知識や情報は、目まぐるしく変わっていくこともあり、正しい情報をしっかりと伝えていけるような人材が求められているのです。

美容の資格が取得しやすいのは、美容業界が注目され、資格取得のニーズが高まっている点も挙げられるのではないでしょうか?

美容業界はライフスタイルを考えて仕事を選択する上でも働きやすいこともメリットと言えます。

例えば、結婚や出産に伴い仕事を退職した女性は、子育てが落ち着いてくると、家事や育児と仕事を両立して働きたいと考える傾向にあります。

しかし、近年では1度仕事を辞めてしまうと、また新たに社会復帰することが難しくなっているのです。

特に、仕事に対するブランクのある女性は、若い独身女性に比べても就職や転職が困難になりがちです。

そういった女性の方々が社会復帰しやすいのが、美容業界なのです。

美容業界では、女性従業員が多いということから、同じ境遇を抱え、家庭と仕事を両立させている働く女性もたくさんいます。

また、働き方も柔軟に応じてもらいやすいのも特徴です。

ただ、そんな女性にとって働きやすい美容業界でも、仕事の内容によっては資格の所有が必要になってくることも少なくありません。

だからこそ、美容の資格を取得して、就職や転職に有利にできるよう取り組むことが大切なのです。

【美容の資格を取得するメリット】

美容の資格は、上記で紹介した資格をはじめ、それ以外の資格と比べるても比較的受講料が安く、受講期間も短いものが多いです。

就職や転職に向けてできるだけスムーズに取り組んでいきたいという方には、美容に資格は適しています。

また、美容の資格は、専門知識を仕事で活かすのはもちろんですが、自分自身や周囲の方々にも役立てることができるというメリットもあります。

前述したように、家庭や仕事を両立した働き方をしたいという方には美容業界が適しているという背景もあるため、美容の資格を取得することで、自分自身の将来へ向けたステップアップを図ることができるのも魅力と言えるのではないでしょうか?

 

美容の資格を取得するなら、内面美容のスペシャリストになろう!

美容に関する関心が高まっている現在、美容の資格を取得して内面美容のスペシャリストを目指す方が徐々に増えています。

内面美容のスペシャリストを目指すための美容の資格を取得することで、健康寿命を延ばすことにもつながり、アンチエイジングや酵素、ファスティングなどの知識を身に付けることができます。

では、内面美容のスペシャリストになるためにおすすめの美容の資格は、どのような美容の資格があるのか見ていきましょう。

ファスティングに特化した専門の資格・公認ファスティングカウンセラー

公認ファスティングカウンセラーは、ファスティングに関する知識を身に付けることができる専門の資格です。

この資格では、ファスティングを実行する際に覚えておきたい酵素栄養学やダイエット理論などを学ぶことができ、美容系のサロンのメニューに取り入れるために取得する方や家族と自分自身の健康のために正しい知識を身に付けたいと考えている方が多く取得している美容の資格です。

ファスティングカウンセラー 資格取得の難易度

そんな公認ファスティングカウンセラーは医学博士が監修している資格なので、一度身に付ければ一生使うことができる資格として持つことができます。

また、ファスティングに関する正しい知識を身に付けることで、自分自身がファスティングを実践することができるようになりますし、ファスティングをしたいと思っている方に指導することも可能になります。

美容の資格を活かして独立や開業をしたいと考えている方にもおすすめの資格と言えるでしょう。

【内面美容全体の理論を学ぶことができる・公認インナービューティートレーナー】

公認インナービューティートレーナーは、ファスティング以外にも水素や酵素栄養学、ミトコンドリアを活用したダイエット、食育に関する基礎的な知識など幅広い知識を学ぶことができる美容の資格です。

 

内面美容を極めていきたいと考えている方や美容に関して幅広い知識を身に付けたいと考えている方の多くが興味を持っている資格の1つとなっています。

公認インナービューティートレーナーを取得することで、美容だけではなく医療や健康、スポーツなどの分野でも活かすことができるスキルを身に付けることができるので、色々な側面からアプローチできるようになります。

インナービューティーの資格

また、最新の酵素栄養学やダイエット理論、食育に関する知識を学ぶことで、現代人が抱えている生活習慣などの悩みを改善するための正しい知識を身に付けることができるはずです。

この資格を取得する過程で、家族と自分自身の生活習慣を見直すきっかけにもなり、生活の質を向上させるなどすぐに知識を活かすことができます。

【医学レベルで学ぶことができる・公認プロフェッショナルインストラクター】

公認プロフェッショナルインストレクターは、直接ドクターから指導を受けることができる内面美容の資格です。

 

公認プロフェッショナルインストラクターを取得することで、公認インナービューティートレーナーを育成するためのスクールを運営することも可能になります。

この資格の取得をした方の中には、内面美容に関する知識を医学的な側面からも知っておきたい方、内面美容の大切さを広めるために講師として活動したい方、スクール運営に興味や関心がある方などがいます。

公認プロフェッショナルインストラクターを取得する際に学ぶことができる知識の中には、水素や酵素栄養学を基礎から応用まで身に付けることができたり、より効果を発揮するファスティング方法を指導することができるようになるものがあります。

また、ドクターから医学的な側面から見た食育についても学ぶことができるので、健全な食生活を送るためのアドバイスもできるようになるでしょう。

【内面美容の資格を取得するメリット】

ここでご紹介した美容の資格は、内面美容に関する知識を深めるためにとても役に立ちます。

それぞれの資格が違う側面から、内面美容にアプローチしているため、何に特化した資格を取得したいのか考えることで、スペシャリストとして活躍できる第一歩になるのではないでしょうか。

またこれらの資格は、ドクターが監修している資格なので内容に関しても確実なものになっています。

内面美容についての知識を深めることで、家族と自分自身の健康、仕事のスキルアップなど様々な面で内面美容の資格を取得するメリットを感じることができるはずです。

公認ファスティングカウンセラー、公認インナービューティートレーナー、公認プロフェッショナルインストラクターはどれも、内面美容の資格として役に立ちます。

今後は、さらに内面美容に対する関心も高まっていくと考えられるため、今このような資格を取得しておくと、将来的にも役に立つ可能性が大きいのではないでしょうか。

現在、美容の資格を取得したいと考えている方は、ここでご紹介したような内面美容に特化した資格を取得し、スペシャリストを目指してみることもおすすめです。

また、内面美容だけでなく近年注目されている妊活をサポートする資格「公認妊活マイスター」も妊娠を望む方をサポートできる最適な資格です。

健康な体づくりを基本に、妊活をサポートしていく資格に今、人気が集まっています。

 

美容の資格を取得すると健康も守れる?

最近、内面美容の資格に興味を持つ人が多くなっている背景には、内面美容の資格を取得することで健康を守ることができるという考え方があるからです。

ではなぜ、内面美容の資格を取得することで健康を守ることができるのでしょうか。

ファスティングカウンセラー

【医学は進歩しているけど病気は増えている】

近年、医学の進歩は著しく昔よりも医療技術などが大きく変化しています。

医学が進歩すると言うことは、病気も減っていくのではないかと考えられますが、病気が減っているということはありません。

厚生労働省の統計によると、癌が原因で亡くなる方が以前よりも増えているという結果になっています。

それは、日本人の野菜を摂取する量が昔よりも減っていることが原因だと考えられています。

アメリカでは、1977年にマクバガン上院議員が「マグバガン・レポート」によって、低カロリーで低脂質の植物性食品を積極的に摂取することを勧めたことにより、年間の野菜摂取量が大幅に増えました。

それに比例して、癌で死亡する方の割合も大きく減少したのです。

野菜には酵素も含まれているため、体の内側を綺麗にしてくれる力があるため、そのような結果につながっているのではないでしょうか。

 

【日本人は過酸化脂質とトランス脂肪酸を溜め込み過ぎ!?】

野菜の摂取量が減少していることで、体に悪影響が出てしまうこと以外にも、過酸化脂質やトランス脂肪酸を体内に溜め込むことでも、悪影響が現れます。

過酸化脂質とは、脂が空気に触れたり加熱されることで酸化したものです。

有害な活性酸素になってしまうため、体内に溜めこんでしまうと腸内環境が悪化し、ムダに酵素を使ってしまうといわれています。

居酒屋の揚げ物や時間が経ってしまった揚げ物、長時間寝かせているカレー、スナック菓子に含まれています。

トランス脂肪酸は、液体の油を強制的に固形化したもので、血管の中で固まりやすいという性質があります。

また、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまう原因にもなっているので、注意しなければいけません。

トランス脂肪酸の代表的なものにはマーガリンがありますが、スナック菓子や菓子パン、チョコレートなど私達が日頃から口にしているものにも含まれています。

体に悪影響を与えてしまうトランス脂肪酸は、海外では使用が禁止されていたり、栄養ラベルへの表示が義務化されているなど規制されています。

しかし日本では、そのような規制がなく、どのくらいのトランス脂肪酸が使われているのか知ることができません。

そのため、過酸化脂質やトランス脂肪酸を溜めこみ過ぎている可能性があります。

 

【環境も健康を害す要因になっている】

私達の身の回りには、食品添加物や残留農薬、有害金属、空気汚染、環境ホルモンなど有害な物質がたくさん存在しています。

これらの有害物質は、体に取り込まれてしまうと排出されにくいため、体内にどんどん蓄積してしまい、慢性的な中毒となって悪影響を及ぼします。

食品添加物や残留農薬、有害金属、空気汚染、環境ホルモンなど有害な物質は、脂肪に蓄積されやすいという特徴があります。

【食生活に大きな変化が…】

前述しましたが、日本人は昔よりも野菜を食べる量が減っています。

それ以外にも食生活に変化が表れています。

それは、ご飯を食べる量がかつてより少なくなり、肉や脂を摂取する量が増えたということです。

また、野菜や果物、魚介類は加工された輸入品が増えています。

加工された食品を摂取する機会が増えてしまうと、植物酵素が破壊されてほとんどなくなってしまうため、食事で酵素を摂取することが難しくなっています。

また、農薬の影響でも酵素は減少し、納豆などの発酵食品を食べる機会も減っていることで、現代の日本人は酵素が不足しているということになります。

 

【内面美容の資格が現代日本人の心強い味方に】

現代日本人は、このように様々な問題を抱えているため、健康に不安を抱えている方も多くなっています。

そこで、公認ファスティングカウンセラーや公認インナービューティートレーナー、公認プロフェッショナルインストラクターといった内面美容の資格を取得し、酵素栄養学や内面から美しくなるために必要な知識を知っておくことが大切になります。

食育

これらの資格は、ドクターが監修している資格でもあるため、内面美容に関する正しい知識を身に付けるために有効な資格といえるでしょう。

そして、内面美容に関する知識を持っていることで、現代人が抱えている病気や食事などのトラブルを家族や自分自身など身近なところから改善することができるはずです。

内面美容の資格は、仕事で活かすだけではなく、日ごろの食生活や生活習慣を見直すための指標にもなるため、プライベートでも大きな役割を果たすことになると考えられます。

内面美容の資格で提唱されているファスティングを実践することで、臓器をリセットして綺麗な状態に戻すことができます。

その結果細胞も異例になるため、身体の中から健康になることができます。

 

美容系の仕事は未経験でもできる?

美容師やスタイリストは、専門の学校に通うことで資格受験の資格を得ることができます。

そのため、資格を取得するまでには時間や費用も大きく掛かるでしょう。

美容系の仕事に転職したいと考えた際に未経験であれば難しいと考えられますが、実は美容系の仕事の中にも未経験で始められる仕事は多く存在するのです。

その例としては、ネイリストやエステティシャン、美容部員などとなるでしょう。

美容系の仕事となるので覚えることが多く、美容の資格を取得してから働かなければいけないと考えるでしょうが、未経験者を募集している企業は多くあるので転職や就職を目指すことは可能となっています。

中には資格取得支援制度を設けている企業もあるため、スキルアップを目指すこともできます。

エステティシャンの場合、大手企業だけではなく個人で経営しているサロンも多くあります。

未経験で入社した場合には、すぐにお客様の相手をするのではなく研修を行ってから働くことになるでしょう。

エステティシャンとしての技術や知識を身につけるべく、実技の講習を受けていくのです。

そのほかにも、接客のマナーを勉強するなど様々な知識を習得します。

そのため、経験がなくても焦らずに美容について学ぶことができるでしょう。

 

【未経験で美容系の仕事に就くリスクはある?】

未経験であれば、多くの知識を習得しながら転職することは可能ですが、やはり未経験ならではのリスクも存在します。
第一に学ぶ量が多いということです。

未経験なので美容に関しては多くの知識を持っていないので、様々な知識を学ばなければいけません。

それに加えて接客について学ぶとなると、頭が追い付かなくなり挫折してしまう可能性もあるのです。

そのため、無理をしない範囲で勉強していき時には休息を取ることが大切となるでしょう。

焦らずにたくさんの知識を習得することで、お客様に満足してもらえる仕事をすることができます。

また、企業によっては研修に掛かる費用を負担してくれる場合もありますが、条件を定めていることもあるでしょう。

既定の勤務年数よりも前に退職することで研修費用を返金しなくてはいけない可能性もあるので注意が必要です。

しかも、返金費用が数百万円などの膨大な金額になることも少なくないので、あらかじめ条件について確認することが大切となります。

美容系の仕事は、こういった企業だけではありませんがリスクに関してはしっかりと把握しておくことが重要です。

 

【美容系は未経験もOK!気になる年収は?】

未経験でも働くことが可能な美容系の仕事に就く場合、年収について気になっている人も多いでしょう。

思っているよりも年収が低いのであれば生活することも難しくなってしまいます。

そこで、美容系の仕事の給与について解説していきます。

エステティシャンの場合、平均的な手取り給与は13~19万円ほどと言われています。

ですが、サロンによって基本給にプラスしてインセンティブを設けている場合もあるので5~8万円ほどプラスとなる可能性もあります。

また、エステだけではなく健康食品や化粧品、栄養学などの知識を持っていることで新しい顧客を獲得できることにも繋がるため、新たな美容の資格を取得することで昇給を目指すこともできます。

また、肌の悩みなどを聞き正しいスキンケア方法や化粧について教えることができる人気のビューティアドバイザーの場合、平均手取り給与は18~26万円と言われています。

 

プロラボホールディングスでの働き方や年収について

美容系の仕事の給与について解説してきましたが、話題のインナービューティーに関する業務を行っているプロラボホールディングスでは、どういった働き方で年収はどうなっているのか確認してみましょう。

プロラボホールディングスは、エステティックサロンやフィットネスクラブなどに向けた健康食品や化粧品の開発・販売を行っているほか、インナービューティーカウンセリングサロンの運営も行っています。

株式会社プロラボホールディングスについてはコチラ

カウンセリングサロンスタッフの仕事内容としては、美容商品の販売だけではなく酵素栄養学に関する情報の提供やカウンセリングを行います。

酵素や栄養学などの様々な知識や特別な美容の資格を取得しないと働けないと考える人も多いでしょうが、酵素栄養学やファスティングなどは入社してから学んでいくので心配ありません。

月給に関しては22~40万円ほどとなっています。

上記で紹介した美容系の仕事と比較すると高いので働きがいがあるでしょう。

 

待遇に関しても、

・昇給年1回
・賞与年2回
・社会保険完備
・交通費支給
・社員向け優待、割引
・財形支援制度

などがあり、インナービューティーやファスティングの資格取得支援制度も行っているので未経験であっても入社後に多くの知識を習得できます。

休日休暇に関しても、

・シフト制
・月8日休み
・夏季休暇
・冬季休暇
・有給休暇
・産前産後・育児休暇
・慶弔休暇

と整っているので安心して働くことができるでしょう。

美容の資格は様々ですが、取得を目指しやすい資格も多くあるので未経験であれば狙ってみるのもおすすめです。

特に内面美容は注目されているので働きがいもあるでしょう。

エステプロ・ラボのように未経験でも働ける環境を設けている企業もあるので、働き方や年収を参考にして自分に合った企業を探してみましょう。

エステプロ・ラボ採用専用リクルートページはコチラ